骨補填剤との併用

hiaruron2

審美補綴時には同様に、ハイドロキシアパタイトやβ-TCPなどの骨補填剤と併用することで創傷治癒の向上を図ることができます。

審美補綴における転位歯の便宜抜歯後の歯槽骨の吸収は予想がつかず、過剰な歯槽骨の吸収が起こった場合にはその後の補綴設計に大きな支障をきたし、術者を悩ます原因になります。

このような併発症を予防するためにヒアルロン酸治療の併用療法は有効です。

架橋型ヒアルロン酸の特性である、ゆっくりと溶ける性質によって骨補填剤をしっかりとグリップしながら歯槽骨のリモデリングを促し、さらに歯肉の創傷治癒を促進させることができます。