注入する部位の判断

hiaruron2

真皮層はO.6~3.0mmとおよそ2.4mmの厚さがあります。

その真皮層は、浅層、中間層、深層に分けることができます。

また、注入する部位による皮膚の特性、たとえば鼻唇溝と眉間の皮膚の厚みの違いを、理解しなければなりません。

できているしわ自体の診断も重要です。

長年経過しているしわなのか、たるみなどを伴っているのかなど、その診断に基づいて真皮層の浅い層に注入すべきか、深い層に注入すべきか、ヒアルロン酸製剤を軟らか
い製剤にすべきか、硬い製剤にすべきか判断が必要です。

初心者のうちは注入部位の特徴やしわの深さの診断は難しく、O.lmm単位の注入深度にも慣れていないため、製剤の選択は軟らかめのものから使い始めて慣れていくとよいと思
います。

一般的には真皮の浅層に注入するほど持続性に優れて、効果的な治療が行えるといわれています。

しかし、あまり浅く注入すると、皮膚表面の凹凸や皮膚の色の白色変化などのトラブルを起こしやすいこともあります。

逆に真皮の深層や皮下組織層への注入は注入量が多くなり、持続時間が短くなる傾向にあります。表層の浅いしわには効果がありません。

(続く)

>>>ヒアルロン酸.jp.net/