大切なのは、共感力

hiaruron2

ヒアルロン酸治療に限らず、美容医療で大切なことは、患者の要求が何かを聴き取る力だと思います。

言い換えれば共感力といえるかもしれません。

具体的な症例をもとにデザイン方法や注入部位、注入深度、再注入の方法から、クリニック内の治療プロトコルなどを概説します。

処置を覚える際はまず、その処置によって何が改善できるのかを覚えます。

「その手術は何を変化させるための手術なのか」です。そのうえで、この患者の状態とこの患者の要求から改善すべきことは何かを考えます。

術者自身が改善すべきことを明確にしたら、今度は多くの手術や処置のなかからもっとも簡単な処置、次に簡単な処置、もっとも大胆な処置など、3種類くらいを提案します。

その際、患者ニーズと医学的な適応症は同じではないことに注意する必要があります。