ブラックトライアングル

hiaruron2

矯正歯科治療や歯周病によって生じたブラックトライアングルの治療にも応用することができます。

歯肉に直接架橋型ヒアルロン酸を注入することで、組織治癒の改善を図る方法です。

患部歯肉の頬側、舌側(口蓋側)に0.1mLずつ注入します。

1ヵ月に1回の注入を3回繰り返して再評価します。

1ヵ月に1回注入するのは、細胞のターンオーバーに合わせて組織治癒の促進を図るためです。

あわせてプラークコントロールを含めたオーラルヘルスケアの徹底をTBIとともに行うことを忘れてはなりません。

(続く)

>>>ヒアルロン酸.jp.net/