しわの分類と治癒方法

hiaruron2

皮膚組織のしわの改善のためには、どの部分の深さに注入すればよいのでしょうか?

表情しわ : 顔面筋の収縮することで起こる状態。表情筋こ対しての治療

・A型ボツリヌス毒素製剤

ちりめんしわ : 肌のキメが深くなることで起こる状態。表皮層、真皮層に対しての治療

・注入用化粧水、ピーリング、レーザー、IPLなど

真皮しわ : 真皮結合組織の部分的崩壊の状態

・ヒアル口ン酸注入、A型ボツリヌス毒素製剤

たるみしわ : 真皮結合組織の機能低下と脂肪層の増減、バランスの崩れの状態

・ヒアルロン酸注入、スレッドリフト、A型ボツリヌス毒素製剤、脂肪吸引

(続く)

>>>ヒアルロン酸.jp.net/